自家製いくらの醤油漬けの作り方

いくらの醤油漬けを自分で作ってみたいと言う人も多いのではないでしょうか。自分の好みの味付けならば、飽きずに食べ続けることが出来ますし、他の料理とも組み合わせやすくなりますよね。

 

いくらの醤油漬けを自宅で作るには、塩漬けにされる前の生の筋子が必要です。北海道では夏の終わり頃にスーパーに並ぶのが普通ですが、それ以外の地域の人は、通販を行なっているお店に、生の筋子を扱っているかどうか問い合わせてみると良いでしょう。いくらの醤油漬け用の筋子は、適度に粒が大きく卵の固まりを包んでいる薄皮が柔らかくなって、ほぐしやすそうなものを選びましょう。

 

大き目のボウルに水と塩を入れ、卵の粒を壊さないように、両手で薄皮を引っ張りながら親指で卵を水の中に落として行きます。この時に冷たい水を使うほど、柔らかいいくらの醤油漬けに仕上げることが出来ます。ほぐし終わったら、何度も水を取り替えて、潰してしまった卵の皮を綺麗に洗い流しましょう。そうしなければ生臭さの残るいくらの醤油漬けに仕上がってしまうからです。また、冷水で洗っていると、たんぱく質が浮き出して来て白く濁ってしまうことがありますが、短い時間ならばあとで赤く発色するので安心して下さい。良く水を切ったら、瓶などにいくらを入れて醤油漬けの味付けをします。

 

醤油、砂糖、酒、みりんを好みの量で混ぜ合わせ、瓶の中に入れます。酒やみりんは、使う前に一度沸騰させてから使いましょう。半日〜1日ほど冷蔵庫に入れておき、味が馴染んだら出来上がりです。

 

イクラの通販なら北海道から産地直送の本物のいくら通販をご利用ください!

 

人気のイクラ通販店は当サイトのトップページで特集しています

トップページはコチラから!