時鮭トキシラズのお取り寄せならこの通販店で決まり!

時鮭(トキシラズ)は北海道を代表する海産物のひとつとしてファンの多い鮭です。

 

 

トキシラズ(時鮭)について

鮭にはたくさんの種類があります。また呼び名もいろいろですがその中に時鮭という魚がいることを聞いたことがありますか。時鮭とはトキシラズの別名です。この時鮭という呼び名は毎年5月から7月にかけて北海道沖や三陸沖で捕れるさけのことを指して呼ばれています。私たちが知っている鮭の旬の時期は通常秋ですよね。でも時鮭は春から夏の時期にかけて捕られ、普通の時期とは異なるので名前がトキシラズとの名称でも親しまれています。時鮭となるのはロシア付近の河川で生まれた鮭のようです。

 

時鮭は日本の河川で生まれたわけではなく、回遊中の日本の近海で現れる鮭のことです。そのような時鮭はまだ若く成長途中で卵巣や精巣も成熟していないため身肉に栄養や脂身が凝縮されていて、非常においしいと言われています。

時しらずの通販はココ!

 

釧路北釧水産 鮭の通販はコチラ!

 

 

 

トキシラズは地方によって呼び名が違う

トキシラズとは例えば地方によって呼び方が違うようでアキアジ、白鮭、オオメマスという名称で呼ばれているのが一般的なようです。トキシラズの特徴としては体の背面や尾ひれに黒点がほとんどなく、また尾ひれに銀色の放射条紋があります。体高はとて低く尾柄は細くなっています。トキシラズの産卵は秋から冬にかけて行なわれますが、その時期に生み出された卵は約60日で孵化します。

 

そして卵黄を吸収して川を下りしばらく沿岸域で生息し、その後に夏の前までには北洋に向かって移動するという生態があります。そして私たちも耳にしたことがあるかもしれませんが、4年後に産卵のために自分が生まれた川に戻って来るそうです。

 

そしてメスの魚は産卵後に一週間卵を守る保護するようですが、その後寿命で死にます。私たちが普通食用にしているトキシラズは脂がのっていてとてもおいしいと言われていますよね。魚身は軽く塩をふって切り身にして食べる方法が一般的ですが残りの頭、ハラス、骨は味噌仕立てにして食べるとおいしいようです。トキシラズは鮭と同じように捨てるところなく全部食用にできるという魚です。鮭よりも高価な魚と言われているトキシラズ一度味わってみたいものですね。

時鮭(トキシラズ)を北海道から!産地直送通販ならこのお店です関連ページ

鮭の通販
秋鮭
鮭児
新巻鮭
鮭料理レシピ
お正月食材