筋子について 

筋子は、サケの卵巣に入ったままの卵、またはその塩蔵加工品です。筋子という名称は、筋のような卵巣膜で卵が繋がっていることから呼ばれるようになりました。この卵巣膜を取り除き、一粒一粒分けたものをイクラ、もしくはバラ子と呼びます。

 

流通している筋子のほとんどが塩蔵加工品ですので、一般的に筋子というと塩蔵品のことを指します。そして未加工品の筋子は、生筋子と呼んで区別されます。スーパーなどでも生筋子は置いてあり、自分好みの味付けをしたい場合にはあえて未加工品の生筋子を買って味付けします。

 

また、東北地方では未加工品の筋子を腹子と呼んで区別します。筋子の食べ方としては、イクラとして加工する場合もありますし、塩漬けや醤油漬け、粕漬けなどにしてもおいしく頂けます。サケの卵巣は、ある程度成長していると固くなります。筋子として生で食べる場合は皮の柔らかいものが好まれますので、皮が固くなっているものはイクラとして加工されます。川の遡上をはじめたサケの卵巣は、ほぼ完全に卵がほぐれて固くなってしまっているので、筋子にとしては適しません。

 

筋子(すじこ)の通販は当然、北海道から!

鮭の卵というとイクラという人が多い?のかもしれませんが、北海道ではイクラ以上に親しまれているのが筋子(すじこ)です。味はむしろイクラを凌ぐかもしれません。特にご飯のおかずとしては筋子の方が圧倒的に好まれますし、道産子の私もご飯のおかずなら筋子を選びます。まさに「ご飯が何杯でも食べられる!」おかずの王様なんです♪