いくらの生みの親 鮭も通販でお取り寄せ

北海道の鮭の魅力について

北海道には鮭のまち、または鮭のふるさととして知られている場所があります。北海道の母なる川として有名な石狩川河口に面した石狩市は鮭のまちとして有名です。また石狩川の支流、札幌市の豊平川、千歳川は鮭のふるさととして知られています。まず北海道の鮭の魅力は鮭にしたしむことができるという点です。誰もが知っている鮭なのに切り身しか知らない人が意外に多い、そこで北海道の十勝川などでは泳いでいる銀色の鮭を実際に見ることができ鮭を釣るところも見学、体験できます。また北海道では鮭をきわめることができます。

 

つまり北海道の鮭やその種類はとても多く呼び名も様々ですが、北海道では全道から集まる鮭をピックアップしてその魅力を紹介してくれます。身近な鮭の新たな発見ができるできる機会と言えますね。また私たちが一番興味をそそられること、それは何と言っても鮭を味わうことですよね。家庭で北海道の鮭を味わったことがありますか。また北海道の鮭を贈答品として贈られたことはありますか。それらの北海道が誇る鮭の加工品、美味、珍味を北海道で実際に味わえるというのが何よりも北海道の鮭の魅力ではないでしょうか。いちど北海道で本場の鮭をしたしみ、きわめ、あじわってみませんか。

 

時しらずとは

鮭は成長段階で呼び名も様々ですが、時知らずと呼ばれる鮭は鮭の時期の秋ではなく、春から夏にかけて沖取りしたものをいいます。季節外れの鮭を称しています。最近では時鮭と呼ばれることもあります。時知らずはロシア北部の河川で生まれ、回遊中に日本の近海で漁獲されます。この時期の鮭は未成熟なので、白子や筋子は小さいですが若い鮭なので脂がのって身の締まりもよく、柔らかくとてもおいしい鮭です。時知らずは漁獲量も少なく珍しい鮭で秋鮭より倍の値段はするようで高級品として人気の鮭です。身の色は紅色ではなく、薄いオレンジ色をしています。食べ方も塩焼きや鍋にしてもおいしいですが、生食でルイベで食べても最高です。

 

鮭は種類によって色や脂のノリなどが違います。スーパーなどでは秋に帰る鮭を時知らずと表示して売っていることもあるようです。時知らずは普通の秋鮭より少し値段が高いので気を付けてくださいね。やはり本物の時知らずを食べるのであれば、北海道からの安心できる業者やshopからお取り寄せをするのもいいのではないでしょうか。食べた方はいろいろあります。あなたの食べたい食べ方で時知らずを召し上がってください。

 

鮭児について

鮭児(けいじ)という鮭の一種の名前を聞いたことはありますか。または食べてみたことはありますか。そもそもこの鮭児とはどのような魚なのでしょうか。鮭児とはこの名の通り時鮭の児です。この鮭児はもともとはロシアのアムール川に回帰していく白鮭の児ですがベーリング海を回遊して日本へ回帰していく時に日本の河川で生まれる鮭の群れに紛れ込んでしまい北海道の太平洋側、またはオホーツク海沿岸の定置網で捕獲されたもののことです。鮭児の大きさはというと約2歳で2キロ3歳で3キロくらいでまだ産卵経験はなくても身肉にはたっぷりと脂身が乗っています。そのようにこの鮭児は大人になる前の子供であるために回遊中、そのままロシアの川に回帰するということはもうできないようです。この鮭児は別名幻の魚と言われとても希少価値のあるもののようです。なぜでしょうか。なぜなら一万尾に一尾という割合で捕獲されているからです。また鮭児独自の旨さを兼ね備えている点でも高値がついているようです。この高値と希少価値が高所得者達の好奇心をくすぐってグルメブームの中にその鮭児の名前が取り上げられているようです。鮭児とはトップブランドの品質の保証付きという高級魚として世に出回っている魚なのです。

 

北海道の鮭のお取り寄せならこの通販店です!

鮭の旬のイメージは秋から冬にかけてというイメージがありますが、季節から外れた時期にも揚がります。それが時鮭(トキシラズ、時知らず)という鮭で超美味な北海道の味覚の代表的なひとつとして知られています。もちろん旬本番の秋鮭も冬の風物詩の新巻鮭も美味!です♪。鮭を通販でお取り寄せするならやっぱり北海道産直です。

 

鮭とマスの違いって何?

魚の中には良く似たタイプのものがいますが、よく似ている鮭とマスの違いって何なのでしょうか。普通に食べていると、鮭とマスの違いって何という事はあまり気にしませんが、知っておいても良いと思います。鮭とマスは、実はそれほど違う種類ではなく、生物学上はどちらもサケ科の仲間なんです。日本で鮭というと一般的にシロザケをさしていますが、ベニザケなども鮭といいます。それに対して、マスはサクラマスやカラフトマスなどがありますが、トラウトサーモンのようにサーモンと名前がついていてもマスに分類されるものは少なくありません。それ以外の鮭とマスの違いって何かというと、住んでいる場所が違い、鮭は海にいるのに対して、マスは川に住んでいます。

 

しかし、鮭とマスの違いって何という事を見ていくと違いはあるものの、ほぼ同じものであることが分かってくると思います。実際に食べてみるとその味わいが似ているという事は分かると思いますが、それも両方ともサケ科という事で考えると納得がいきます。鮭とマスの違いって何かは、名前の呼び方が違うだけで、その内容はほとんど変わらず、いつも食べているものが鮭だと思っていたら、実はマスだったという事は良くあります。でもどちらもおいしいものですので、種別が違うという事で優劣があるわけではありませんで、どちらも安心して食べてください。ここまで、鮭とマスの違いって何かという事を見てきましたが、名前の呼び方が違うが系統としては同じな事が分かりましたか。

 

北海道の美味しい鮭をご紹介しています。本州でも鮭の産地として有名なところもあります、新潟県の村上市などもその名産地のとつですよね。鮭は海に出てやがて川に帰ってきますがそうなると、この地域地域によって食べる餌も違うのでしょうから味も産地によって変わるのでしょうか。そんなことを考えながら自然の恵みに感謝をして鮭を食べてみたいものです。鮭は近年、それに含まれる豊富な栄養素に注目されています。健康食としても人気となっていますよね。美味しくて健康食でもある鮭をご賞味ください。鍋料理や焼き物、ご飯に盛って簡単にお茶漬けだけでも喜ばれます。また新巻き鮭は年末のお歳暮や贈答品としても昔から重宝されています。当サイトでご紹介している優良通販店のご利用もご検討ください。

 

鮭を北海道からお取り寄せ 産直通販をご紹介!関連ページ

秋鮭
時鮭(トキシラズ)
鮭児
新巻鮭
鮭料理レシピ
お正月食材