サケを使った料理のレシピ

魚は魚でも鮭ほどレシピの豊富な魚が他にあるでしょうか。鮭というと焼き鮭、ホイール焼き、ちゃんちゃん焼きなど簡単で昔からあるレシピが思い浮かびますが、最近ではとても斬新でいろいろなメニューに鮭が登場しています。

 

例えばどんなレシピがあるでしょうか。

 

サーモンのアーモンドソテーがあります。スライスアーモンドを鮭にまぶして焼くだけという香ばしい香りがしそうな簡単レシピですね。

 

他にもオリーブオイルのサーモンと野菜のソテーのレシピはイタリアン風でさっぱり感が味わえそうですね。お酒のおつまみになりそうなレシピもあります。鮭のねぎみそ焼きです。聞いただけでお酒もご飯もどちらもすすみそうな日本ならではのメニューです。

 

冬などは鮭を使う料理というとすぐに鍋が思い浮かぶかもしれませんが、例えば鮭のかす汁というレシピもあります。だいこん、にんじん、ごぼう、こんにゃく、ねぎや薄揚げなどを一緒にいれてみそと醤油を少々いれて煮込んでできあがりです。冬には体が温まりそうな、そして栄養満点ともいえる満点レシピですね。

 

食欲のない夏には鮭に大根おろしといくらを添えてさっぱりいただくのもおいしそうですし、やっぱり定番のサーモンマリネもいいですね。

 

石狩鍋

冬に鮭といったらやっぱりなんと言っても石狩鍋ですよね。石狩鍋は栄養満点で体も温まるみんなが大好きな鍋料理のひとつです。石狩鍋とは鮭を主材料にした鍋料理で北海道の郷土料理です。石狩鍋は味噌仕立てなので普通塩引きしない生の鮭を用いて作ります。石狩鍋の鮭以外の中身はというと、豆腐、だいこん、たまねぎ、しいたけ、ながねぎ、きゃべつ、にんじん、たまねぎなど豊富な野菜類を入れます。そのような野菜をたっぷりと入れて昆布で出汁をとった味噌仕立ての汁で煮込むのが基本と言われています。また酒粕を汁に加えるとよりおいしいという人もいますし、好みで隠し味にバターや牛乳などを入れて濃厚風にする食べ方もあるようです。

 

もともと石狩鍋の由来はというと、北海道の石狩川河口近くの割烹料理屋さんが元祖と言われています。最初は地元の漁師さん達がまかない料理として味噌仕立ての汁の中に鮭のぶつ切りやいろいろな野菜をいれてこの鍋を作ったそうです。この斬新なまかない料理がきっかけとなってこの世にでてこんなに多くの人々に愛される鍋料理のひとつになったのですね。石狩鍋は今では北海道を代表するジンギスカンやチャンチャン焼きに並ぶほどの郷土料理になっています。

 

鮭のちゃんちゃん焼き

鮭などの魚と野菜を鉄板で焼いた料理をちゃんちゃん焼きと言います。ちゃんちゃん焼きは私達日本人にはもう聞きなれている、また多くの人が愛食している一品ですよね。このちゃんちゃん焼きもともとは北海道の漁師町の名物料理だということを知っていますか。ちゃんちゃん焼きはジンギスカン、石狩鍋と並ぶ北海道の郷土料理に選定されているほどの食べ物です。

 

一般には鮭を入れて鮭のちゃんちゃん焼きというのが知られていますが、にじますなどの他の魚を使って料理されることもあるそうです。他に一緒に入れて焼く野菜としてたまねぎ、ながねぎ、きゃべつ、にんじん、ピーマン、もやしなどがあります。おおまかな作り方は野菜をホットプレートなどで焼いて、野菜の真ん中に空間をつくりそこに魚を置いて焼きます。その後酒で溶いた白みそとみりん、砂糖を加えて蒸し焼きにします。この味付けはごく基本の味付けですが中にはその中ににんにくや一味唐辛子を入れてさらに一味違った味を楽しむという方法もあるようです。今では鮭のちゃんちゃん焼きでもいろいろなレシピがあるようですので食べる人数や用途に合わせていろんな風味のちゃんちゃん焼きを作って味わってみたいものですね。

 

新巻き鮭を使った料理レシピ

新巻き鮭のレシピには色々な方法がありますが、一般的なのは、塩抜きでしょう。これは、切り身を水でまず洗って塩を落とし、鍋に水とみりん、お酒を入れます。そして、切り身を鍋に浸して、数時間〜1日くらい置きます。冷蔵庫に入れてしっかりと塩抜きするのがコツです。塩抜きした新巻き鮭は、焼き鮭として食べることをおすすめします。特に焼き鮭として食べる場合は、1日はしっかり塩抜きすることです。良い塩加減が絶妙で、新巻き鮭の甘みと加わって、まさに絶品の味わいになります。これなら、子供でも喜んで食べてくれるでしょう。

 

新巻き鮭のレシピでおすすめなものに、マリネもあります。これはまず、皮を取って薄めにスライスし、玉葱とレモンもスライスしておきます。そしてバットに、玉葱を敷いて、後は、新巻鮭を上に並べて、レモンを敷き詰めるだけです。実に簡単にできて美味しく頂けます。オリーブオイルを振り掛けて、冷蔵庫で2日ほど寝かせれば、完璧です。あら汁にしても新巻き鮭は美味しく、まず、鮭のアラを湯通しして水洗いし、お湯でダシ汁を作り、その中に、キャベツとタマネギ、長ネギ、鮭を入れます。後は、みりん、赤味噌、バターを入れ、5分ほど火にかけるだけです。

 

鮭とマスの違いって何?

「鮭・マス漁」と言いますが、どうして呼び方が分かれているのか気になる所です。色々と調べてみると多くの答えが存在していますが、ややこしくて難しいです。どうしてこんな事になってしまったのでしょうか。まず、日本では「鮭」というと「白鮭」の事として認識しているそうです。そして、「鮭の仲間」というと鮭科や鮭属に含まれる魚として認識しているそうです。一方でマスの方は、ただ単に「マス」と呼ばれている魚は地域によっては色々と違いますが、いずれにせよ鮭科の魚です。ですから鮭とマスの違って、「マス」と呼ばれている魚は鮭科の魚なので「鮭」と「マス」は名前が違うだけ・・・という事になります。それから、呼び方が分かれてしまった理由は諸説あります。人にとって貴重な魚を鮭、それ意外のちょっとランクが下がったものをマスと呼び分けた説や、英語では海に出ていく方が「鮭」で、出て行かないほうが「マス」という分け方になっているそうです。「鮭・マス」と書かれている場合は、鮭やマスなどのあの辺の仲間の魚という意味として捉える事もあるそうで、なかなかややこしいものですね。

鮭を使った料理レシピ|北海道の魚介類・海産物【通販ならリピーター続出の北海道のこのお店!】関連ページ

鮭の通販
秋鮭
時鮭(トキシラズ)
鮭児
新巻鮭
お正月食材