イクラとは

イクラとは、ロシア語のイクラーから取られた名称で、サケの魚卵です。筋子の卵巣膜を取り除き、産卵前の熟した卵を1粒ずつに分けた物を特にイクラと呼んでいます。別名、バラ子とも呼ばれています。イクラは、普通、加熱加工をしないで、塩漬けや醤油漬けにして食べるのが一般的です。日本では鮭卵のことをイクラと呼んでいますが、イクラは元々魚卵を意味するロシア語です。卵巣に入った常態のものを筋子と呼び、バラバラのイクラにできないような未熟卵を卵巣ごとに塩漬けにしたものが普通売られています。塩の作用でほぐれにくくなっていて、イクラはこれを一粒ずつバラしたものを差します。未熟卵の場合、ツブが壊れてしまい、成熟しすぎると食べた時に皮が残って食感が悪くなるので、 ちょうどよい成熟具合のものを選んでイクラにしているわけです。

 

世界では、イクラをそのまま食用とする地域は限定されていて、日本にイクラの製法を伝えたロシアにおいても、日本ほど日常食にはしていません。サケを捕獲してもイクラの食用を行わない地域では、収穫した鮭の卵のほとんどが、日本への輸出用として加工されています。

 

いくらの通販なら当然、北海道のお店から!


いくらをタップリとのせたイクラ丼はお店で食べるとかなりの値段がしてしまいますが、、、でもあの美味しさはたまりませんよね^^。

 

通販を利用してお取り寄せして家でいくら丼にするとかなり安上がりに楽しむことができます。醤油漬けなどの味付けしてあるものを選べば、あとは食べるだけですからね。この簡単さも良いところです。最近は鮭の不漁が続き品薄だと言われています。そんな状況でも、いくらの本場北海道の評判店ではある程度の量は確保されています。

 

 

イクラの豆知識

イクラは鮭の卵で、雲丹やホタテなどの海産物と同じく、北海道の代表的な味覚の1つでしょう。昔は大変高価な食べ物たったために、「赤いダイヤ」とも呼ばれていました。

 

元々「イクラ」はロシア語で「魚卵」を指す言葉で、鮭の卵だけを指している言葉ではありませんでした。それが何故、日本では鮭の卵を指す言葉になったのかははっきりしていません。ただ、あまりの美味しさに、ロシア人が大切に食べていたのを日本人が見ていたから、と言う説があることは確かなようです。

 

イクラは味そのものの良さもありますが、その独特の食感が好きと言う人が多いですよね。口の中でプチプチ弾けて、口一杯に広がって行く感覚は、一度食べたら忘れることが出来なくなるでしょう。

 

同じ鮭の卵なのに、「イクラ」と「筋子」と言う名前があるのはどうしてだろう、と思っている人もいるかも知れませんね。鮭のお腹から獲って、バラバラにほぐして加工したものがイクラと呼ばれ、小さな卵が固まって卵巣に入ったままのものが筋子と呼ばれています。

 

イクラと言えば、醤油漬けを連想する人も多いかも知れませんね。醤油漬けは、まだ塩漬けにされる前の筋子を、卵を割ってしまわないようにそっとほぐしてバラバラにし、砂糖、醤油、酒、みりんが入ったたれに漬けて作ります。北海道ではお店で買わずに、自宅で作っている人も沢山います。自宅で作る自信が無いと言う人は、通販などでも販売されていますから、どのお店のものが自分の好みに合っているのか、色々と食べ比べて確かめてみるのも良いでしょう。

 

イクラの通販なら北海道から産地直送の本物のいくら通販をご利用ください!

 

人気のイクラ通販店は当サイトのトップページで特集しています

トップページはコチラから!