北釧水産

北釧水産では実に豊富なオホーツクの海産物を扱っています。北釧水産で頼めばほとんどすべての魚介類が手に入りますね。

 

 

このイクラは知床羅臼産のみの秋あじの卵を使っています。醤油とお酒だけで味付けしたシンプルないくらは一度食べると忘れられない記憶に残る味ですよ。

 

 

北釧水産は釧路で海産物の大卸を営んでいるお店です。非常にリピート率の高いことでも知られる有名店です。

 

その北釧水産のいくらは知床羅臼産のみの秋あじの卵を使っています。味付けは醤油とお酒だけというシンプルないくらです。それだけに実に美味!。一度食べると忘れられない味でリピートしちゃいますよ。

 

人工イクラとは

イクラは鮭の卵で「赤いダイヤ」と言われる程の高価ですが、100円の回転寿司でもイクラが回っていますよね。イクラ風味やイクラ味と表記されているものは人工イクラと呼ばれるものです。本物のイクラは高値で鮮度を保のが難しいですが、人工イクラは安く、粒も揃っていて扱いやすいのが特徴です。ですから、業務用で使われることが多く、安い回転寿司や駅弁、スーパーの総菜などで使われているようです。人工イクラは富山県魚津市の日本カーバイトと言う化学品や樹脂工業によって作り出されました。人工イクラの皮膜は海藻から抽出したアルギン酸ナトリウム、中身は食品添加物の増粘多糖類の一種のカラギーナンやペクチン、中身の目玉gは人参から抽出した着色サラダオイルで作られたいるんです。

 

しかし最近では本物のイクラの価格が安くなっており、人工イクラはあまり見かけなくなっているようです。人工イクラは見た目ではわかりにくいのですが、お湯につけると本物のイクラは白濁します。反対に人工イクラはお湯につけても変化はしないのが特徴です。販売されている人工イクラでは「サーモンドロップス」と言う名前でキューピーから販売されいるのが興味がある方は試されてみてはいかがですか。