秋鮭のお取り寄せ通販なら北海道のこのお店!

北海道を代表する味覚のひとつの秋鮭は今がまさに旬です。脂のノッた秋鮭はいろいろな料理にも使えますし、また最近の健康ブームで鮭に含まれる多種の栄養が注目されています。秋鮭のお取り寄せのための評判の北海道産地直送通販店をご紹介します。

 

秋鮭(アキアジ)について

秋の北海道を代表する魚といえばやっぱり秋鮭ですよね。最近では秋鮭のことをアキアジと呼ぶようにもなってきているようです。北海道の道産子の中でも特に高年齢層の人々の間では秋鮭のことをアキアジと呼ぶことがごくごく普通の事となっているようですね。

 

ところで最近の若い世代の人々は高脂肪のものを好んで食べる傾向があるようです。この秋鮭はというと輸入物のトラウトサーモンと比べると脂質が少ないため高脂肪の好きな人からみると物足りなさを感じる味かもしれません。秋鮭はこのようにわりと淡泊な味のため、おいしく調理するためには切り身をただ塩焼きにするよりも、チャンチャン焼きやムニエル、ホイル焼きなどといった比較的に濃い味付けにすると良いようです。この秋鮭は産卵のために川に戻る途中のシロサケを沖合の定置網で捕獲したもので、別の呼び名を銀毛というそうです。河口近くで捕獲した産卵間際の婚因色がでているものをブナと呼びます。このブナはただでさえ少ない脂質が産卵のための準備段階で消費されるため、脂身がほとんど乗っていない状態なので、このようにブナ化した秋鮭は食用には不向きで切り身などの姿で店頭で売られることはまずないようです。秋を代表する秋鮭工夫しておいしく食べてみたいものですね。

 

アキアジ(秋鮭)をお取り寄せするには

秋鮭とは、まさしくその名を見ればわかる通りで、秋に生まれてくる鮭のことで、9〜11月に川に上ることから、秋鮭と呼ばれています。秋を代表する味覚として人気があり、特に銀色に輝くものは秋鮭の中でも銀毛といわれていて、かなりの高級品になります。この秋鮭に対抗して人気があるのが、5〜7月頃によく獲れる時鮭です。秋鮭の特徴は、たんぱく質が豊富で、ビタミンDが沢山含まれているところです。鮭の種類としては白鮭の範疇に入りますが、日本の川に上るという特徴を持ちます。

 

秋鮭をアキアジと呼んだりしますよね。違和感なく耳にいれていますが「アジ」と聞くと、そう言われればちょっと変な気もしますが。。これはむしろ、昔の人がこう呼んでいたという話を聞いたことがあります。

 

さてその秋鮭ですが一般的に、鮮魚、塩蔵品、冷凍品、薫製、缶詰として販売されているので、色々な用途に使用することができます。脂が少ないという特質があることから、塩漬けにしても美味しいです。そして、長期の保存が可能なので、非常に便利な魚と言えます。もちろん、味も美味しいです。くせがないので、焼いても煮ても、また、揚げても美味しく頂けます。料理として秋鮭を食べる方法としては、ムニエル、バター焼き、ホイル焼きなどがあり、いずれの方法でも美味しく頂けます。お茶漬にもおすすめです。

 

アキアジとトキシラズの違いをご存知ですか?

鮭と言えば、取れる時期によって名前も異なってくるのはご存知でしたでしょうか。代表的なのが9月から11月にかけて獲ることのできるアキアジですよね。基本的に鮭は秋にかけて産卵するために、生まれた川に戻ってくるのですが、春にかけて戻ってくる鮭もいるみたいです。この春に戻ってくる鮭をと知らずというそうです。

 

最近では、その時知らずとも分省略されて、時鮭とも言われているそうです。この時知らずの特徴としては、アキアジに比べて、卵巣や精巣などの生殖器がまだまだ発達しておらず、身にも肉が引き締まっている所が特徴的です。その上、脂ものっているので大変おいしく頂ける道アです。調理方法などは、基本的にアキアジと一緒で、あら汁にするのもよしですし、スモークサーモンなどにしてレモンと一緒に添えて食べるのもよしです。このように、時知らずとは鮭の中でも春にかけて獲れる鮭です。身としては秋に獲れるアキアジに比べて非常に引き締まっている上に脂ものっている大変美味なものとなっています。

 

時知らずを食べてみたいという方は是非是非春の時期に購入してみることをお勧めします。  
時鮭(トキシラズ)を北海道から!産地直送通販ならこのお店です

秋鮭 アキアジを北海道から!産地直送通販ならこのお店です関連ページ

鮭の通販
時鮭(トキシラズ)
鮭児
新巻鮭
鮭料理レシピ
お正月食材