いくら醤油漬けのお取り寄せなら!

 

いくらは毎年、鮭の不漁のため高値が続いていますが、今年も豊漁ではないそうです。

 

スーパーなどでもなかなかの値段がしますよね。決して良いものでもないのに。。でも年に何度かはイクラ醤油漬けを食べたい、いくら丼を自宅で食べたい!、そう考えると

 

いくらはなんてったって北海道からお取り寄せ!

 

価格と品質を合わせ考えると、やっぱり北海道のいくらを取り寄せるのがベストの選択でしょう。

 

いくらは皮が堅いと噛みづらくて食感を大きく損ねます。柔らかい皮が口の中で溶けるように潰れるのがイクラの美味しさですよね。

 

品薄の中でもしっかりと確保してくれるリピーター続出の評判店のイクラを集めてみました。醤油漬けの製法にも各店で独特の手法があるのだとか。

 

もちろん天然モノですよ。回転寿司のイクラとは当然ながら一味も二味も違う本物の味を楽しめますよ。

 

写真は北海道釧路の北釧水産さんから取り寄せたイクラの醤油漬けです。美味のひとことです♪

500gパックのいくら醤油漬けが使いやすいです

ここ数年、年末年始になると通販で購入しているのが500グラムのパックのいくら醤油漬けです。

 

通販店は函館・浜海道さんですが、こちらも味が良いです。コスパで考えるとイチオシ商品かもしれません。

年々獲れなくなっている鮭の卵ですから価格は漁獲量によって毎年変動します。ですので以下にご紹介しているイクラ通販には価格を表示していません。現在の通販価格は各店舗の公式サイトにてご確認くださるようお願いいたします。

いくら醤油漬け 通販人気ランキング

通販店:北海道釧路・北釧水産 知床羅臼産秋あじイクラ

釧路で大卸を営んでいる北釧水産はリピート率が非常に高いお店です。上で写真でご紹介した、最高に美味しかったいくら醤油漬けも北釧水産からお取り寄せしたイクラです^^

 

海産物の本場である道東の釧路からイクラをはじめウニや蟹など、何でも揃ってしまうお店なのです。大卸店なのでカニも、浜茹でと活かにの両方が選べるなんてさすがなのです!

 

「漁師町のいくら昆布醤油漬け」は知床羅臼産のみの秋あじの卵を使っています。知床らうす深層水も使っているこだわりの味は一度食べると忘れられない記憶に残る味でなのです。

 

自宅で年末からお正月料理として食べるのもヨシ、もちろんお歳暮として贈るのもヨシです♪ 
(個人的にはいくら丼が最高です\(^o^)/)

 

>>北釧水産のいくら販売ページはコチラから>>>Click!!

売り切れの場合にはご容赦ください。北釧水産は釧路で海産物の大卸を営んでいるお店です。非常にリピート率の高いことでも知られる有名店です。北釧水産が扱っているいくらは知床羅臼産のみの秋あじの卵を使っています。味付けは醤油とお酒だけというシンプルないくらです。それだけに実に美味!。一度食べると忘れられない味でリピートしちゃいますよ。

通販店:函館浜海道オンラインショップ

 

特選いくら醤油漬は厳しく選別された若い秋鮭のみを使っています。その特徴は濃い赤みと独特のテカリ。
天然モノの本当に自然に溶けていく食感を体験したい方へ!

 

特選いくら醤油漬にはお得なセットもあります
(a)500g入 ネット特別価格:3,980円(税込)
(b)500g入×6個セット 特別価格:22,800円(税込)

 

>>浜海道 公式通販サイトはコチラから>>>Click!!

品質と価格のバランスが最も優れているのが函館浜海道のいくら醤油漬です。イクラのお取り寄せを初めて体験される方には特にオススメです。

通販店:北国からの贈り物 オホーツクのイクラ

新千歳空港のお店でもお馴染みの北国からの贈り物は北海道のグルメのすべてを届けてくれます。

 

オホーツクで水揚げされたばかりの鮭から取り出したイクラは鮮度抜群です。鮮度の良いものを自家製秘伝の醤油ダレで漬け込んでいます。

 

>>>北国からの贈り物 公式通販サイトはこちらから

鮮度抜群のオホーツクの鮭から取り出した卵を素早く漬けた鮮度抜群のいくらです。自家製秘伝の醤油ダレで漬け込んでいますので味付けもバッチリです。新千歳空港のお店でもお馴染みの北国からの贈り物は北海道のグルメのすべてを届けてくれます。

 

通販店:旨いもの探検隊

北海道の漁師直伝のいくらを届けてくれるのが旨いもの探検隊です。

 

当然ながら無添加無着色のシンプルな味を楽しめるイクラです。

 

>>>旨いもの探検隊  公式通販サイトはこちらから

各通販点に共通してのことですが、年々近海ものの鮭の漁獲量が少なくなっています。品切れの場合にはご容赦ください。

 

通販店:北海道ぎょれん 噴火湾八雲沖「熊鮭」のいくら

北海道ぎょれんの商品は北海道の浜から直送されます。

 

八雲町漁協から直送される北海道噴火湾八雲沖に来遊する大型の鮭の「熊鮭」のいくらは絶品です。

 

>>>北海道ぎょれんのイクラはこちらから

北海道ぎょれん(北海道漁業協同組合連合会)に加盟する八雲町漁協の熊鮭のイクラです。北海道ぎょれんは北海道の浜から直送される高品質の海産物が評判です。お正月に向けて注文が多くなります。全体的に鮭の不漁で品薄状態ですので、品切れの場合にはご容赦くださいね。

 

ぜひイクラ丼をご自宅で食べてみてください!

おいしいイクラさえあれば簡単にイクラ丼ができますよね。イクラは鮭の卵ですが、筋子を購入してイクラの醤油漬けを作っておけば安くて食べることができます。イクラは筋子を一粒一粒バラし手をかけているので値段が少し高くなってしまうんですよ。最近ではスーパーでも筋子が安く売っていますから、旬の時期である秋から並んでいますよ。

 

筋子をバラバラにしたら、イクラを醤油漬けにしてご飯にのせれば美味しいイクラ丼の出来上がりです。刻み海苔や大葉をトッピングすれば更に美味しくなります。手間をかけるのが面倒だと言う方はイクラを買ってきて、ご飯にのせるだけでイクラ丼の出来上がり!大葉と刻み海苔とわさび醤油があればもっと美味しいですね。イクラさえばれば、簡単に丼物ができるのはイクラだけではないでしょうか。丼物を食べるならイクラ丼はとてもお勧めです!

 

EPAやDHAが豊富で栄養価に優れており、魚卵の脂肪は生活習慣病のコレステロール値を減少させる働きがあるんですよ。さらに様々なビタミン類も豊富ですから、同じ丼を食べるならイクラ丼に限ります。いろんな丼物の中でもカロリーが一番少なく栄養価が高いのがイクラ丼です。美容と健康に今日はイクラ丼を食べましょう!

 

いくらを使った簡単料理レシピ

いくらの醤油漬けを買ってみたけれど、温かいご飯に乗せて食べる以外の美味しい食べ方を知りたい、と言う人のために、今回はいくらを使った料理レシピをご紹介します。

 

最初の料理は、親子丼です。
レシピは2種類ありますので、好きな方を選んで作ってみて下さい。

1つめは、焼いた鮭を使います。

焼いた鮭の身をほぐしておき、丼に温かいご飯を盛り付けたら、その半分のスペースにほぐした鮭を乗せ、残りの半分のスペースにいくらを乗せて出来上がりです。
これなら料理が苦手な人でも簡単に作ることが出来るでしょう。

2つ目の親子丼のレシピは、生の鮭(刺身用)を使います。

刺身用の鮭を5mm〜6mmの厚さに切り分けておきます。
酢飯を作って丼に盛り付けたら、細かくちぎった海苔を散らし、その上に切り分けておいた鮭を並べて行きます。
最後にご飯の真ん中当たりに、好みの量のいくらを盛り付ければ出来上がりです。

 

さっぱりとした味を楽しみたい時は、いくらを大根と一緒に料理すると良いでしょう。

1つ目の料理は大根サラダのいくら和えです。

レシピは、細切りにした大根に塩を軽く塩揉みし、塩を洗い流して水を切ったら、皿に盛り付け、上から刻み海苔や鰹節を乗せ、いくらをトッピングします。
ポン酢醤油や和風ドレッシングなどをかけて食べましょう。

もう1つの料理は、いくらの大根おろし和えです。

レシピは、大根おろしを皿に盛り付け、その上にいくらを適量トッピングすれば出来上がりです。
さっとお醤油をかけてご飯に乗せて食べましょう。

 

回転寿司のイクラが人工イクラって本当?

人工イクラは人造イクラとも呼ばれており、いわゆるコピー食品の一つです。人工イクラを 世界で初めて生産したのは、富山県魚津市の日本カーバイド工業です。収穫量の少ない天然イクラの代わりとして、サラダ油と海草エキスを主原料に生産できます。人工イクラの皮にはカラギーナンや、アルギン酸ナトリウムなどが用いられています。人工イクラは実際に一時期、市場が出回っていたことがありますが、最近の回転寿司では本物を使うことの方が多いといいます。

 

人工イクラと本物のイクラは見た目も味もほとんど区別がつきませんが、本物のイクラは熱湯をかけるとタンパク質が変化して、表面が白く濁ります。ですから、回転寿司に行ったときに湯飲みにお湯を入れてイクラを一粒入れ、白くなったら本物であると判断することができます。

 

ちなみに、皮が堅いイクラがしばしば人工イクラであると誤解されることもありますが、皮が堅いものは成熟が進んだイクラです。そのような誤解によって、逆に皮が柔らかいイクラを作らなければということになり、成熟して堅くなったイクラの皮をわざわざ潰して中身を取り出し、人工イクラの手法で皮を作り直すという手法も存在しています。

本物の天然いくらは通販が便利で安心です。保存状態もバッチリですし、何よりも美味しさが違うんです!本物の味を産地直送で楽しむことができますよ♪

 

筋子(すじこ)とイクラは同じサケの卵

おいしい海産物でご飯のお供にぴったりのものといえば、すじこといくらが出てきますよね。すじこといくらは魚卵である事は分かりますが、その細かな違いというものは知らずに食べてはいませんか。

 

実は、すじこといくらは同じ鮭の卵なんですが、どこがどう違うかというと、その状態なんです。

 

すじこは鮭のおなかから取り出したまま卵巣膜を取らずに固まった状態で、漬けられたものなんです。

 

一方のいくらは鮭の卵をひとつひとつばらばらにほぐしたものですが、すじこよりも成熟したものがイクラとして作られます。

 

ネット上の意見では、すじこといくらではいくらの方が好きな人が多いのですが、私が住む北海道では年配者になるほど筋子の方を好む人が多いような気がします。

 

すじこの方が少し硬くて、しょっぱいような気がしますが、それがまたすじこのおいしさの一つだと言えるでしょう。いくらは、一粒一粒がぷりぷりしていて、食べた感触のプチプチ感がたまらなく良いという特徴があります。ちなみにいくらという言葉はロシア語からきているので、意外と国際色豊かな海産物だったりもします。

 

すじこといくらは、元は同じもので、人間の手の入れ方によって、これだけ異なった食べ物になりつつもおいしいものであるという事は、それだけ素材がいいものが多いという事ではないでしょうか。これで、皆さんもすじこといくらの違いがお分かりいただけたと思いますので、スーパーなどで見つけたら、この二つの海産物の違いを思い出してみてください。

 

イクラの生みの親の鮭について

いくらの醤油漬けをご紹介している当サイトですから、やはりイクラの親の「鮭」のことにも触れておきたいと思います。さて、ひと言に鮭と言ってもいろいろな種類があります。主に獲れる季節によって時しらず(トキシラズ・時鮭)や秋鮭(アキアジ)など呼ばれるのは鮭好きな方ならご存知でしょう。また北海道では「サケ」と呼ぶ人が多いですが、「シャケ」という呼び方もあります。本州の人なら「シャケ」と言う人の方が多そうですよね。

 

鮭とは一般にサケ目サケ科サケ属の魚についてそう呼ばれています。例えば鮭の別名はトキシラズとも呼ばれているようです。このトキシラズは産卵期以外の時期にとれる、つまり季節はずれにとれる鮭の名称と言われています。ある説によると一般にこのような魚のことを鮭と呼び、それを加工して食用品にしたものをしゃけと呼ぶそうです。

 

例えば日本での鮭の産卵時期は10月から12月で、主に北海道や東北地方の川で産卵されています。その他でも本州の中部から西部地方、また九州の日本海側などのさまざまな川で産卵が確認されています。鮭の生態として一般に知られていることは親魚は川を上っている間は餌をとりません。また産卵、放精後の親魚は一カ月以上生きて産卵床を守ることもあるようですが、ほとんど大半の親魚は数日以内に寿命が尽きて死ぬようです。

 

なので産卵期には親魚の死骸が川に数多くみられるそうです。そのように親魚が自分の命の尽きる前に産卵を成功させて、その後寿命が尽きて死んでいき稚魚が孵化して成長しまた親魚になっていくという、この自然界に見られる生態は本当に見事だと言えますね。日本では縄文時代から鮭を食べる習慣があったと言われています。鮭は古くから日本文化に欠かせない魚と言えますね。

 

そんな北海道の顔ともいうべき魚「鮭」の通販を利用するならこちらのページをご覧になってください。

 

鮭を北海道からお取り寄せ 産直通販をご紹介!

 

また幻の鮭と言われる正真正銘の「鮭児」も通販で手に入ります。滅多に獲れない鮭児ですので完全限定数ですぐに売り切れ御免となってしまいますので、上記ページを時折チェックしてみてください。一度は食べてみたい魚のひとつが鮭児であるというグルメの方も多いでしょうね。

時鮭(トキシラズ)とは

鮭の仲間にはいろいろとありますが、その中にある時しらず(トキシラズ・時鮭)とは一体何なのでしょうか。名前を見てみると、時しらずとは、時を知らない魚であって、季節はずれの時期に獲れるためそう呼ばれています。時しらずとは、いわゆるシロザケの一種なのですが、普通にシロザケが取れる季節ではない時に、他の魚の漁の時に偶然獲れるものなんです。それは、季節でいうと、春から夏あたりに獲れるもので、一般の鮭が獲れる秋ごろから見るとかなり早い時期に獲れたものです。通常の鮭が獲れる時期には、鮭はかなり疲れている事が多いんですが、時しらずとはまだ元気な時期に捕まるため、とても活きが良いものが多いです。

 

では、この時しらずの味の方はどうかというと、元気があるだけあって普通の鮭と比較するとかなりおいしくなっています♪。そのため、良い脂がのっていて普通の鮭よりも味わいが深くなっているため、かなりおいしさが引き立っています。でも、そんないつ獲れるか分からないような魚を日本全国各地で食べる事はできるのかという事が考えられますが、それは可能なんです。冷凍技術が発展した今では、いつ獲れた魚でも、冷凍する事により、いつでも食べられて、どこへでも発送できる体制が整っています。時しらずとは、時期をはずれた分、おいしく食べられる鮭の事を言うことが分かったと思いますが、一度食べてみたいというのであれば、いろいろと探してみるだけの価値はある鮭なのであなたも探し出して食べてみてください。

鮭児とは

鮭児とは、あまり知られていないかもしれませんが、時鮭の児のことをいいます。実はこれ美味しいんですよ。脂身が乗っていて、それでいてよい香りがします。鮭児は1万匹に1匹くらいしか捕れないことから、非常に貴重です。若い鮭なので美味しく、ベーリング海から日本へ回帰する中、鮭の群れに紛れ込んで、発見されると言われています。主として、太平洋とオホーツク海沿岸で漁獲され、見た目は小振りなのですが、脂のノリが良いので、人気があります。

 

秋鮭とは明らかに違い、しっかり脂が乗っています。非常に希少性が高いので、幻の鮭とも言われているほどで、高級食材と目されています。そうしたことから、グルメ通の人からも人気が高い鮭です。鮭児は、幻の鮭にふさわしい味で、例えるなら、マグロの大トロのような感じです。刺身で食べても、焼き魚としても食べてもどちらでも美味しいです。常に品薄状態なので、贈答用として贈るなら、鮭児は早目に予約しておかなくてはなりません。脂のノリが抜群の珍しい魚なので、一度、口にしてみることをおすすめします。ただし値段は凄くって数万円はしますのであしからず。

 

鮭に含まれる栄養について

鮭に含まれる栄養というのは、実に豊富で、数え上げたらキリがないくらいです。ただ、一口に鮭といっても色々な種類があります。そのため、脂肪の量も色々で、漁獲時期などによっても違ってきます。たんぱく質が豊富なところが特徴で、その他にも、DHAやEPAをたくさん含んでいます。血液をさらさらにしてくれるDHAとEPAが豊富で、ビタミンDや、ビタミンB12、そして葉酸、ナイアシンなども含んでいます。そして、アスタキサンチンを体内に蓄えていて、これは、緑黄色野菜が多く含んでいるベータカロチンの一種です。

 

効能としては、活性酸素を除去し、動脈硬化を防ぐ効果があるので、健康効果は抜群です。また、抗酸化力も強いので、日常の食卓には欠かせない逸品です。鮭の腎臓には、ビタミン、ミネラルが豊富で、中骨は、カルシウム、リンが豊富なので、あらゆる栄養素が詰まっていると言っていいでしょう。また、頭部の軟骨部分には、コンドロイチン硫酸が含まれていて、皮にはコラーゲンが含まれています。ビタミンA、B、Eなども豊富なので、血行促進効果もあります。

 

北海道の海産物では時しらずや秋鮭の他にもたくさんあって、蟹なども有名ですね。というよりもむしろ蟹の方でしょうか(笑)。またイクラの通販も評判は良いですね。年末には北海道の海産物の通販がとても人気となります。新巻き鮭やかに通販もそのひとつですね。上手に通販お取り寄せを利用して美味しい北海道の味覚を楽しんでください。

 

鮭とマスの違いについて

イクラといえば鮭の卵ですが、ところで鮭とマスの違いって何かという疑問、なんだろうと考える人は多く存在するようですね。私もその中の一人です(笑)

 

マスはサクラマス・カラフトマス・ニジマスなど複数の魚を称してマスといい、鮭と言う名前の魚はいますよね。生物分類学上では鮭とマスの区別はありません。マスも鮭の仲間です。日本で鮭と言われるものはキングサーモン(マスノスケ)・ベニザケ・ギンザケ・シロザケ・アトランティックサーモンの5種類です。それ以外は全てマスになります。英語ではサーモンとトラウトに分けられ、海へ降りて海洋生活をする魚と河川で一生、過ごす魚とで区別しているようです。シロザケやベニザケは川で生まれ、海で育ち、また川に戻ります。ヒメマスやニジマスは川で一生過ごします。

 

しかしカラフトマスと呼ばれる鮭は一度、海に降りていきます。このようにマスが川から出ていかないわ分けではないのです。結局、鮭もマスも違いはなく生態の違いからによる呼び方が違うだけのようです。大きさもカラフトマスは鮭より少し小さいですが、一般のマスよりは大きいです。鮭は赤い身ですが、白身魚の種類に含まれます。鮭とマスの呼び方の違いは鮭の歴史が大きく左右しているようです。しかしながら、鮭とマスの種類分けは厳密ではなく、サケ科のサケ属のようです。

 

 

当サイトでは北海道からのお取り寄せができる、いくら通販店をご紹介しております。

 

年々、不漁が伝えられる鮭ですが、今年も不漁とのことで、いくらは品薄状態となりそうです。お正月商材のころには入手するのに苦労するかもしれません。ご注文はお早めに。